私が実践した不動産の賢い売却方法

使っていない不動産は売却をするのも一つの方法

使っていない不動産は売却をするのも一つの方法 / 不動産をできるだけ高く売却するには・・・

不動産というのは、家を建てたり、遺産として受け継いだりすると思いますが、持っているだけでは税金を払わなければならないので宝の持ち腐れになってしまう場合も少なくありません。
その為、ただ所有しているだけで生産性のない不動産に関しては、売却をするのも一つの方法だと思います。
私も、父が亡くなった時に相続した物件があったのですが、私が住んでいる東京から離れた長野にあった物件でしたので、売却する事にしました。
何も知識がなかった私としては、売れれば良いと思って簡単に思っていたのですが、ネットなどで調べてみると、依頼する会社によって査定の金額や手数料の金額にかなりの差が出てくるとの事なので、しっかりを調べた上で売却をする事にしました。
まず私が思ったのは、一番重要な事は会社選びと査定などを担当してくれる担当者選びだという事です。
販売戦略がしっかりとしていて、真摯に売却活動をしてくれる会社と担当者を選ばなければなりません。
その為、私は一つの不動産限定せずに複数の会社に依頼しました。
ここで注意しなければならないのは、販売する会社が積極的に販売活動をしないのではないかという事です。
販売する会社の報酬は、成約した際の仲介手数料なので、複数の会社に依頼した場合、自社を通して成約になるかわからないので販売活動の意味がなくなってしまう可能性があるからです。
その為、私は真摯に対応してくれる担当者が在籍している会社限定で依頼をし、確実に実を結ぶ販売活動を行って頂きました。
余談ではありますが、価格にこだわらず、とにかく早く売ってしまいたい場合には、会社による買取という方法もあります。
この場合は、販売会社に依頼すればすぐに成約となりますが、価格がかなり安くなります。
私の場合は、それほど急いでいたわけではないのでこの方法は選択しませんでした。

ローン返済が困難になりそうで不動産を売却したことがあります

以前、マイホームを購入した時に、ローンの支払いが難しくなり不動産売却をしたことがあります。ローンの支払いが出来なくなった理由は、会社の業績が悪化してしまい、収入が激減したためです。しかし、早めに売却したことで競売にかけられてしまうなどのトラブルを回避出来たことは今思えば良かったと感じています。

売却においては、複数の不動産会社に仲介を頼むことが出来る一般媒介契約で行いました。その中でも親身になって販売活動を続けてくれた不動産会社に出会えたことも今思えばラッキーだったかもしれません。一般媒介契約の場合、他の会社が買い主を見つけてしまえば、それまでにかけた広告宣伝費用の回収が出来なくなるなどからも親身になって貰えないケースがあるわけです。実際、最初の内は一生懸命購入希望者を探して貰っていたのですが、その内連絡もなくなるなど、放置されたような気分でした。売却に成功出来たのは、その中でも親身になってくれた担当者がいる不動産会社で、定期的な販売活動の報告などを電話や直接自宅に来て行ってくれるなど、頼もしい会社でした。最終的には当初予定した金額よりも安くなりましたが、マイホーム売却の成功に導いたのもこの会社の営業マンがいたからだと感じています。